write.kogu

小ネタ:「新しい漢字」に関する下調べ

漢字 日本語

新しい漢字が生まれないということ

漢字は表意文字である。文字でありながら、表音文字での単語の役割も担う。

表音文字では、新たな単語は常に生まれうる。それが容易なのは、表音文字の単語が既存の文字の集まりに過ぎず、基盤たる文字の拡張が不要なためだ。

表意文字である漢字では、文字そのものがひとつの事物や概念を表現する。新しい漢字が生まれなければ、既存の漢字の組み合わせで、新たな事物や概念を表現しなければならなくなる。

本来、漢字はある程度柔軟に、新しい字を追加し、古びた漢字は忘れ去られてきた。しかし、電子化と標準化によって、その新陳代謝のコストは膨らみ、また文字の価値も変わった。新たな漢字を制定し、それを認知させ、文字という情報通信の基盤に組み込むのは、全てデジタルな文字も前提としなければならない。

検討事項

  • 誰が漢字を生み出してきたのか
    • 時代別に
  • 文字コードと漢字の表現
    • Unicodeのコンソーシアム
    • 文字処理系の対応
  • 中国の事例
  • 現実的に新しい漢字が追加されるシナリオ

参考

広告