write.kogu

アイデアレビュー:日本全国のお土産データベース『OMIYA!』

アイデアレビュー お土産


OMIYA! 日本全国のおみやげデータベース
by omiya! 引用

アイデアを学ぶため、いいなと思ったサービスなどをレビュー。今回は、日本全国のお土産を集めているデータベース『OMIYA!』。

アイデアの概要

OMIYA! 日本全国のおみやげデータベース by omiya! 引用
  • 日本全国のお土産データベース
  • 「地域」「価格」「種類」「原材料」「内容量」「販売場所」など様々な切り口の検索方法を提示
  • 日本各地のライターが参加
  • 実際に入手したお土産のみを使用
    • 食べた感想、詳しめの写真もあり
  • メーカーや、実際に購入できるサイトにもリンク

アイデアのポイント

ローカルをグローバルに

  • 「お土産」という本来ローカルな存在を、日本全体というグローバルな視点で並べている
  • 日本にどんなお土産が存在するのかを一覧できる価値は大きい

様々な切り口から、あの人にぴったりのお土産を

  • こだわりや好み、予算など様々な切り口から最適なお土産を探すことが可能

購入者視点の定型情報

  • お土産を販売する側が提供するそれぞれの情報ではなく、購入者視点で一定の情報が並んでいる
    • お土産を一定の視点で比較・検討できる
    • 購入者が気になる賞味期限や保存方法の情報も掲載

ここが惜しい

網羅性が低い

データが少ない

  • サービス開始から間もないからかもしれないが、データが少ない
    • 特に県によってのばらつきがひどい(秋田県や大分県などは2つしか登録がない)
    • その土地の、外せない定番のお土産が掲載されていない

種類の偏り

  • 現在掲載されているお土産は食品のみ
  • 食品の中でも菓子系が圧倒的に多く、その他の商品は少ない

レビューが浅い

  • ライターが実際に食べて書いているのに食レポの内容が薄く、「食べてみたい」や「購入したい」につながらない
  • レビューが批判精神に乏しい
  • レビューにスコアリングが無いため、全文を読むまで、そのお土産が購入の候補となりうるかのアタリすらつけられない
    • 時々出てくる「評価」や「口コミ」は誰の評価・口コミ?

コンセプトが弱い

このサービスを誰にどう使ってもらいたいのかがわかりにくい。

  • 「データベース」と謳っているが網羅性が低い
  • 取り上げているお土産は、どういう基準で取り上げたものなのかわからない
    • 目に適ったものだけを取り上げているにしてはレビューが浅い

コンセプトの弱さがサイトのデザインにも表れていてもったいない。「お土産データベース」と聞いた利用者がトップページでまず見たいものは、「新しく登録した商品」だろうか。

このアイデアからアイデアを考える

「お土産」という観点から

  • 範囲を世界中のお土産に広げる
    • 検疫などの注意点も掲載し、購入者が困らないデータを提供
    • 重量も記載
  • 範囲を食品だけでなくあらゆるものに広げる
    • オブジェ
    • 雑貨

「ローカルをグローバルに」という観点から

  • 鮮度や日持ちの関係上その土地でしか食べられない絶品グルメだけを紹介する
  • 全国のその土地ならではの「うちの給食」を写真とレシピつきで紹介
    • その土地ならではの給食を見ることができる

総評

インターネット上では、ローカルなものもグローバルに広がる可能性を持っている。 ローカルだからこそのお土産をグローバルな視点から並べて見せるこのサービスは、コンセプトを明確にすることでもっと優れたサービスになりうると思う。

広告