write.kogu

ダジャレの下調べ

ダジャレ 言語 日本語 言葉遊び

ダジャレとは

言葉遊びの一種。すでに駄なる洒落という語意は薄まり、現代ではほぼ「オヤジギャグ」と同義になっている。ここでは、オヤジギャグと同義の場合に、ダジャレとカタカナで表記する。

似た音の言葉を、入れ替えたり、重ねあわせたりしたものの内、単純なもの。ここでいう単純とは、文学的な趣、ウィット、叙情などを表現する巧みさを持たないことを言う。本来「洒落」とは、機転の利いた教養ある言葉遊びだったが、駄洒落は「駄」と銘打ち、直接的な音の似通いを面白がるものとなった。 似たような言葉遊びとして、地口や掛詞、捩りなどあるが、境が曖昧で認識の差も大きい。一旦、似通った音韻による言葉遊び全体の内、単純なもの、工夫の乏しい物をダジャレ(=オヤジギャグ)とする。

ダジャレが洒落でなくダジャレであるには、唐突さと滑稽さが重要である。背後に巧みな構造があってはならず、引っ張りだす語に深刻さや不穏さがあっても成り立たない。機微な事物を出しては、滑稽さに笑う前に一瞬であれ不謹慎さが漂う。本来そう笑えるものでないダジャレにとって、その一瞬は致命的である。つまり適切な下らなさこそが、その要となる。

下らなさが要な故、下らないという評価を恐れぬ者が多用する。一般には、オヤジと呼ばれる年代の男性がそれに当たるため、オヤジギャグと呼ばれるようになったのだろう。新しいダジャレの創造には、下らないなりに閃きや選定が必要となる。また相対的にはユーモアであるため、言う本人は自らのユーモアを披露するつもりになる。

他の言語

英語ではダジャレも含めた似た音による言葉遊びを「pun」と呼ぶ。

考察・論文等

データベース・コーパス

広告