write.kogu

2016年3月に見つけたGopherくんのまとめ

Gopherくん

プログラミング言語Goの愛すべきマスコットGopherくんの普及を目指して、画像や写真を探してはリツイートしています(@belbomemo)。今回は2016年3月中に見つけたGopherくんたちをまとめて紹介。

前置き

オリジナルのGopherくん(Go Gopher)はRenee Frenchの作品であり、CC BY 3.0でライセンスされています。Renee Frenchが原著作者であることを明記すれば、誰もが自由にGopherくんを使った作品を発表できます。そのため、この記事で紹介しているGopherくんの多くが、Renee French本人でも、Go公式のイラストでもありません。

たとえばこの記事の見出し画像は自作したもの。手書き風ですが、Cinema4Dという3DCGのツールで、スケッチレンダリングしたものです(ちなみに、Go on Githubというページでも、同じ方法で作ったGopherくんのイラスト並べてます)。

Cinema4dでの編集 by koug CC BY 3.0

ゆるいライセンスさえ守れば、商用も含めて自由な利用が可能なGopherくん。このキャラクターのファンとして、事例の紹介でもっと新しい作品が生まれてくれればと思います。


以下、2016年3月中に見つけたGopherくんを紹介。全てTwitter及びInstagramからで、サービスが提供する埋め込み機能を用いて掲載しています。

マジパンGopherくん

Dockerの誕生日を祝って作られた、バースデーケーキ。DockerはGo言語の最も有名な採用事例です。Dockerが火を点けたコンテナの流れは単なるトレンドではなく、すでに巨大なビジネスになっています。そんなDockerにも公式マスコットキャラクターがいて、青いクジラのその名も「Moby Dock」(Call me Moby Dock | Docker Blog)。元ネタはもちろん『白鯨』です。

ケーキでは、マジパンで作られたDockerワールドの下層で、Gopherくんが3つの風船を並行して浮かべています。寝っ転がって上層を見上げてるのがいい。最上層にはコンテナ背負ったMoby Dock。海賊は、片足が無いしエイハブ船長でしょうか。タコが謎ですが、ペンギンはLXCへの敬意を込めてTuxなのかも。

元ネタ?のイラスト。

ぬいぐるみGopherくん

歴代

Gopherくんの生みの親、Renee French(@reneefrench)のツイート。@mengzhuoが作ったぬいぐるみを、歴代の立体化Gopherくんたちと共に。…背景の南蛮っぽい謎屏風はなんだろ?

Beer

Trumer醸造Trumer Pilsでお祝い。

イベントなGopherくん

GopherCon

GopherCon 2016は、コロラド州デンバーで7月11日~13日にかけて開催。ロゴのGopherくんが気球なのは、コロラド気球事件にかけて? それとも前回の流れで空の乗り物シリーズなだけ?

Golang UK Conference

手足太めなGolang UK ConferenceのジェントルGopherくん。

ステッカー

herokuのなかなかいいな。

輪読会

shibuya.d?

きせかえGopherくん

おうさま

えらくないのにえらそうなのがいい

$MONEY

logpacker/PayPal-Go-SDKだからって…。

マッドサイエンティスト風味

けがはえとる。

バランキージャ

コロンビアのGoユーザーグループらしい。バランキージャはコロンビア最大のカーニバル Barranquilla’s Carnival が開催されている都市。Gopherくんがかぶっているのは、そのカーニバル伝統のかぶりもの。

ぜんぜんとどかなくてものる

ほじょりんつけてのる

イラスト自体は、An Introduction to Programming in Goのカバーで使われていたもの。かわいいので再掲。

ヴァイキングの女戦士風?

VM管理用のGolang製ライブラリapcera/librettoのキャラクター。なぜこのキャラクターなのかは分かりませんでした。

編み物Gopherくん

あみぐるみ

キャラクターとしての分かりやすさからか、あみぐるみのGopherくんを時々見かけます。Ravelry: Gopher Amigurumi pattern by Charissa Gaschoのように、Ravelryなんかでも売られてます。少ない特徴なのにひと目で分かる個性が、Gopherくんの愛されポイント。あみぐるみ向き。

山盛り

かなり前のものだけど、かわいいが山盛りなので。この服ほしいなあ。

Вот этот парень, ещё вчера сомневавшийся, куда же деть руку при перевороте на живот, сегодня ночью, пофестивалив у папы на руках, лихо перевернулся сам, как только был выложен на кровать. Серёжа дико доволен собой, родители в шоке, бабушки аплодируют. Всё, смена подгузников никогда не будет прежней. А фото сделано пару недель назад, когда ребёнок и в самых своих дерзких мечтах помыслить не мог о таких кульбитах, зато его можно было легко переодеть и даже почти без помех сделать серию снимков. #rockingbaby #golang #gopher

Жаниさん(@jeanneester)が投稿した写真 -

あみぐるみ?

手描き

CC 0 でたくさん

ライセンスとしてCC 0を適用したGopherくんの手描きイラストが、egonelbre/gophersでたくさん公開されてます。CC 0なので、実質パブリックドメイン。オリジナルより更にゆるいライセンスで使えます。

使い所の難しい個性の強さ。どこかで見たなと思ったら、なぜGo言語は設計が悪いのか – Go愛好者の見地から | POSTDで使われてたのと同じ作者みたい。他のイラストも独特。

手でほれよ

これはうちのイラスト担当が描いたもの。

アニメーション

アプリケーション・ツールの中のGopherくん

ラズパイGopherくん

ヨーロッパ最大のIOT関連カンファレンスらしいIoT Tech Day 2016 – April 14thにて、Raspberry PiでGoを使うセッションがあるようです。紹介文からして、恐らく水やり装置を作るようで、ホースをGopherくんが支えてます。

「バイナリサイズの大きさやGCが組み込みに向かない」という声と、「ランタイムに悩まずに済むしハードの性能は向上してるからどんどん使おうぜ」な声の両方が聞こえてくるGoでのIOT。「組み込み」と呼ぶ対象の幅が広がっているため、そもそも意見がすれ違っている気もしますが、Gobotのような実装やgolang/mobileを考えると、比較的なリッチで非リアルタイムが許容できるなら採用は拡大されていきそう。

Electron

ElectronではGoが使えないのが。GoのGUI、期待のexp/shinyは少しずつ開発続いているようだけど…。

3Dプリンター

あみぐるみ同様、少ない特徴で個性がはっきり出るGopherくんは、廉価な3Dプリンターでの出力にも向いてます。

あたまが。

@gophtwitは、Gopherくんのフィギュアと旅するアカウントのようです。

その他のGopherくん

Pocket Gopher

ちょっと前のツイート。Gopherくんのモデルは、その頬袋からアメリカで「Pocket Gopher」とも呼ばれるホリネズミ。キャラクターとしては頬袋があんまり目立たないけど、ポケットに入れば立派にPocket Gopher。Tシャツのデザインとして良いなあ。

水滴?

ネイル

ハッシュタグがひどい。なぜgolang?


今の所Gopherくんの利用は、エンジニアの遊び心が半分、デザイナーのお試しやイベント用が半分、といった印象です。もっともっと普及が進めば、Goすら離れて、Gopherくんだけの経済が成り立ってくるはず。その時を目指して、次は4月のまとめをお届けします。

広告